検査部門

検査部門

検査部門の業務案内:連絡内線5950,3527-3529

フローサイトメトリーによる検査

フローサイトメトリーを用いて,白血病,悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍の細胞表面マーカー解析や臓器移植時の検査など,幅広く検査を実施しています.

化学療法剤感受性検査

個々の癌組織で,制癌剤の効果が異なることは良く知られています.効率的な化学療法を行うための補助的検査として,迅速かつ簡便で経済的なin vitro検査であるSDI法を実施しています.

遺伝子検査

マイクロサテライトとは,ゲノム上の比較的短い繰り返し配列で,個人差が大きく,また突然変異を起こしやすいことが知られています.このマイクロサテライト領域の個人差を利用して,造血幹細胞移植後のキメリズム解析,および修復遺伝子異常の検索を行っています.

免疫パラメーター検査

各種疾患において,免疫能を知ることは重要であると考えられています.複数の免疫能を検査することにより,より正確な免疫状態の把握が可能になります.

フローサイトメトリーによる検査

フローサイトメトリーは,細胞にレーザー光を照射して得られる散乱光,蛍光を測定して,細胞を分類します.前方散乱光(FSC)は細胞の大きさ,側方散乱光(SSC) は細胞の密度を反映します.現在,当部では,FACSCantTM(Becton Dickinson)を使用しており,2レーザーで5色までの蛍光を測定できます.

1.フローサイトメトリー検査 I

フローサイトメトリー検査 Iでは,リンパ球のサブセット解析を行います.T細胞のマーカーとしてCD3 を,B細胞のマーカーとしてCD19を用いています.さらにT細胞は,CD2,CD4とCD8陽性細胞のサブセットを測定しています.これらの抗体以外でも,御希望の抗体がございましたら,個別に対応しております(例えばCD4xCD25).御相談ください.

2. フローサイトメトリー検査 II (造血器悪性腫瘍細胞表面抗原検査)

白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍の分類や診断において,細胞表面抗原解析は治療方法を決定する上で重要な役割を担っています.急性白血病では,白血病細胞のCD45抗原発現量が低いことを利用したCD45-SSCゲーティング法を用いています.CD45の発現が低い領域をゲーティングし,骨髄系およびリンパ球系の表面マーカーの解析を行うことにより,成熟した正常細胞を除外した白血病細胞の選択的な解析が可能となります.さらに,MPO,CD79a,TdTの細胞内抗原を検索し,WHO分類に準拠した詳細な解析を行っています.それ以外では,ATLセット,悪性リンパ腫セット,骨髄腫セットなど疾患に応じて抗体を選択しています.また,移植関連検査として,CD34陽性細胞検査,ドナーリンパ球検査等も実施しています.これらの検査結果は,当部の血液専門医が解析し,報告しています.

3.悪性リンパ腫解析

九州大学および久留米大学病理学教室と共同で,病理学的診断,染色体検査,フローサイトメトリー検査を実施し,総合的に診断を行っています.検体申し込み時と検体提出時に御連絡ください.検体容器の運搬は当部で行います.検体は無菌的に容器に入れ,九大病理ラベル,九大病理申込書,G-bandラベルとともに提出して下さい.原則として当部で検体を分割し,各部署へ提出します.詳細につきましては,悪性リンパ腫診断マニュアルを御参照ください.

化学療法剤感受性検査(SDI検査)

多くの制癌剤の中から,個々のがん組織に最も有効と考えられる薬剤を選択するために,多くの制癌剤感受性検査が開発されていますが,当部では迅速,簡便でかつ経済的なin vitro感受性検査であるSDI法(succinate dehydrogenase inhibition test)を実施しています.これは,がん細胞と制癌剤を混合して培養した後,生細胞の指標としてコハク酸脱水素酵素活性をテトラゾリウム塩の一つであるMTTにより測定するものです.生細胞であると,MTTは水素を受容してフォルマザンに変化し,これをDMSOで溶解すると紫色になります.細胞の活性が低いと発色しません.これを分光光度計で測定し,数値化します.コントロールを100%としますので,数値が低いほど感受性が高くなります.

遺伝子検査

1. キメリズム検査

同種造血幹細胞移植後にドナー造血幹細胞が生着したことを確認する検査法です.マイクロサテライト領域で個人識別が可能なことを利用して,生着細胞の由来を検査しています.現在使用している5ローカスで,2個体間がすべて同一となる確率は理論上ほぼ0%となっていますが,稀に判定困難な場合もありますので,その場合は移植前検査時に御連絡いたします.

2. マイクロサテライト不安定性検査

DNAミスマッチ修復は,DNA複製時にポリメラーゼがゲノム上に誤って取り込んだ塩基を除去し変異の蓄積を防ぐDNA修復機構の一つです.ミスマッチ修復遺伝子に異常があると,マイクロサテライト配列の長さが変化しますので,それを指標としたのがマイクロサテライト不安定性検査です.現在,D2S123, D5S107, D10S197, D11S904, D13S175の5ローカスについて検査しています.

免疫パラメーター検査

様々な疾患での免疫状態の把握は,病気や予後の推定に役立つと考えられています.この免疫応答能力を反映する指標となるものが,免疫パラメーターです.当部では,フローサイトメトリー検査 I,リンパ球幼若化検査,NK細胞活性検査を実施しています.

1.リンパ球幼若化検査

PHA添加によるリンパ球の幼若化能を検査します.PHAなどのマイトジェンによるリンパ球芽球化反応はT細胞の機能を知るために行われます.PHAは末梢血ヘルパーT細胞(CD4)およびサプレッサーT細胞(CD8)の両方を活性化します.

2. NK細胞活性検査

NK細胞は,非感作で腫瘍細胞やウィルス感染細胞などに対して,細胞障害活性を有する細胞です.51Crで標識した標的細胞とリンパ球を混合培養し,破壊された標的細胞から放出された放射活性を測定しておりましたが,南棟移転に伴い,非放射性であるカルセイン蛍光色素による標識に変更して測定しています.

  • メニュー
  • ホーム
  • 遺伝子細胞療法部
  • 輸血センター
  • 検査部門
  • 研究内容
  • スタッフ紹介
  • ニュース
  • リンク
  • サイトマップ
  • マニュアル等のダウンロード